読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試される北の大地のJブログ

北の大地の残念トリオ「ボンクラーズ」のブログ。お暇潰し。いえ、お茶濁しにどうぞ

ver.1.4EX3をうけて

どうもこんにちは。ke_and(けあき)です。
今回はタイトル通り、1.4EX3についてです。新弾の追加だけでなく40枚のエラッタが為されたわけですが、僕なりファーストインプレッション的なものでも話そうかと。(愚痴がちょっと入るのでカードについて見たい方はちょっと飛ばしてね)




これパック売る気あるんですか?






新カード見た人ならわかると思うんですけど、だいたい使えなさそうなカードばっかりなんですよ。
そもそも、30枚パックっていうのは現環境に不足しているものやTier1クラスのデッキを少し諌めたりするためのものだと僕は思ってたんですね。
そのついでになにか面白いものを注ぎ足して、みんながワッとするようなデッキを作らせてあげるんだと。


いや別に新カードが弱いって言いたいわけではないんですよ。僕が見逃してるだけで、実は強いんだぞみたいなカード絶対あります。
でも、それが既存の環境を大きく変える、つまり"環境激変"ってなるカードはおそらくほとんどないでしょう。

むしろエラッタの方がメインだったりする今回のバージョンアップ。
愚痴みたいなのはこの辺にして、気になるカードとか見ていきます。





三叉・トリシューラ
トリシューラじゃなくてベストロウリィ
使ってみないとよくわからないですが、多分そんなに強くないです。
出た時と自分のターン開始時のトリガー1枚破壊自体はまあまあな効果だと思います。
人身御供割ればもう覇王ですよ。

でも、ここで考えたいのは競合するカードですね。4コスト・武身では叢雲・クサナギ、4コスト・トリガー破壊では火炎将軍スルト。どちらと比較しても劣るような性能なんですねえ。

まず、クサナギの強みとしては後攻1Tムーブ。みなさんご存知の通り現環境最強ムーブの一つです。この時点でもうクサナギには勝ててません。さらに、ミョルニル、ヴァジュラからの転生先としても一歩劣っていて、クサナギはデッキにイージスがいれば効果発動、対してトリシューラは相手依存のため、効果が何も発動しないことがあります。
デッキにイージスを残すのと相手にトリガーを刺させる。どっちが簡単かは明白ですね。

スルトと比較したときに考えることはトリロスに入れるならどっちがいいのか。
僕個人の意見なんですが、今のトリロスはトリロスと呼ぶべきデッキではないと思ってます。ぶっちゃけただの赤単です。
スルトやメリィといったカードはトリガー破壊そのものであったり、それにシナジーを持つカードが相手を焼くのに優秀であるから入っているのであって、純粋にトリガー破壊をして相手をコントロールしようなどという目的ではないんですね。
つまりなにが言いたいかと言うと、トリガーをいっぱい破壊する必要はあんまりないってことです。
それなら全体バーンと消滅耐性ついてるスルト選びますよ。
どっちも入れるっていう選択肢はまだ誰もやってないのでわからないですけどね。

とりあえず、武身に入り得るカードではないでしょう。




ニードルヘル
ゴミカードから突然強カードに。
スタン落ちはするんでしょうけど、とりあえずおめでとう。




紅蓮の命
地味に期待してるカード。
デメリットのライフ1点は痛いですが、舞姫などに打てればそれ以上のアドが0cpで取れるんじゃないかなーと思ってます。





現世のイザナギ
うすしお(笑)とか言われてたカードがスーパーイケメンになって帰ってきた。
普通に使っても強いしガイア耐えるしなんだこいつ。
PRネメシスと組み合わせて悪いことする人出てくるのは必至でしょう。マルドゥークとかも同時に上方修正されて、今一番勢いのあるカードだと思います。呪縛コン嫌い。




闇天使ネフィリア
今回一番期待してるのはこの子だったんですが...
他の追加カードが微妙すぎて、あの頃(ディナーハンデス全盛期)に戻ることはできなさそうです。

ただ、たくさんの可能性を感じさせるカードではあります。僕のようなコントロールオタクは、盤面とってこれ出すことしか考えてません。
普通にハンデスカードとしても優秀ですし、ついでについてるトリガー破壊もまあまあ。活躍に期待できそうです。

問題は今の環境スピードについてこれるかなんだよなあ。




女神の息吹
なんかめちゃくちゃ。
赤青系やトリロスなどのハンドをたくさん使うデッキはかなり優秀な選択肢になり得ると思います。
こいつ2枚入れてループする動きはあんまり強くなかったです。




とまあ、僕が気になったカードはこのへんになります。




ここから先はエラッタについてちょっと話そうかなあと。



生放送とかエラッタからもうかがえるんですけど、最近の青にはBPコントロールをさせようという空気があります。
でも、これって現状はかなり遠回りな除去で、たくさんの手順とコストを使わないと成立しないんですよね。しかも範囲除去にはなかなかなり得ない。
他の色ではカード1枚や2枚で行うことを青は何枚も使ってやらなきゃいけないのが現状です。
「ジョカあるじゃん」っていう声もあるかもしれないけど、この子実際よく使われる人ってどのくらいいるんですか?ってことですよ。そんな頻繁に使われないでしょ。だってケアできるんだもん。
僕みたいに、青プロメテとか黙想の薔薇使って半強制的に除去するようなやり方もありますけど、そんなデッキ使ってる人なんか極々少数です。


赤は焼き、黄色はバウンス・行動権関係、緑は殴り合い。


じゃあ青は?


昔ならレベコンとハンデスって元気よく答えられたもんです。

でも今は答えられません。どちらの分野も現環境では弱くて。


もちろん、混色で青入れてハンデスカード入れたりレベコン要素入れたりってのはなくはないと思います。
けど、現状青単色でデッキを組むなんて以ての外みたいなことになってるわけですね。

このゲームはエラッタで下方修正してゲームバランスを整えるってことをしているわけですが、それでもなかなかカードが死ぬっていう状態にまで下方修正されることはほとんどないです。
でも、青はそれを何度も食らいました。
現にそのおかげでレベコンもハンデスも環境からは駆逐されて、青単色のリプレイなんてほとんど見なくなりました。


今までできていたことがある日ぱったりとできなくなって、可能性を殺してしまうっていうのはどうなんだろうなあと思います。
今まで通りにはできなくても、まだ少しイケるでぐらいの修正が一番望ましいと考えています。
そういう意味では、今回のエラッタはいいところを突いたのかなあと思ってますね。


なんか最後にダラダラと喋っちゃいましたが、今回は以上です。

また今度。