読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試される北の大地のJブログ

北の大地の残念トリオ「ボンクラーズ」のブログ。お暇潰し。いえ、お茶濁しにどうぞ

古代のデッキ、ブラフマーハンデスを推進する会

久しぶりですke_and(けあき)です。


2.0の海洋全盛期からエラッタ食らってしばらくJ遊んでなかったんですけど、ランキングシステム更新からまたちまちま遊んでます。
正確には去年の暮れぐらいにティアマトギャンブラーとかいうデッキが面白いというのを聞いて、少し遊んだら2週間でエラッタ食らって引退しました。


自分のやってない間にカードが多分3回くらい追加されてなんやこのゲーム!って感じだったんですけど、最近はどうせわからない間にヤられるしまあいいかっていう気分でJ遊んでます。



というわけでしばらくJから離れてたオタクでも、少しお金入れれば遊べるブラフマーハンデスの紹介。



レシピ


©︎SEGA
DOBは40pt(Cデッキ)。これは今期仕様(1/25〜2/7のオリボ参照)で、本当はファンガス抜いてウン子3です。
*追記2/23
《蒼花のメイメイ》がエラッタでとても悲しいカードになったのでこのデッキもオワコンです。本当にありがとうございました。

基本方針

簡潔に言えば、ハンデスして除去する」だけです。
でもこれが非常に重要で、ハンデスばっかりやっててもあんまり勝てません。
もっと詳しく言うと、「ハンデスして相手の手札を0にする」ことが目標ではなく、「ハンデスして相手が後続を出せない間に盤面を制圧して勝つ」のが目標になります。なので、相手がトップタコガイアとかしてきて次のターン返せないと普通に負けるので、特に終盤は主導権を相手に奪い返されないことが大事です。

以上の点を踏まえてカード解説とか。


カード解説

《フープエンジェル》《闇天使ネフィリア》《侵撃の魔手》
このデッキの主なハンデスカードです。大事ですがそれ以上の役割はないです。


《ミイラくん》
ハンデス効果は付いてますが、進化の種という側面が大きいです。


《グレイブガーディアン》
こいつも確かにハンデスカードですが、先ほどの基本方針で話した、終盤に主導権を奪われないためのユニットです。ハンデスしながら盤面を有利に持っていける偉大なカードなので、感謝しながら使いましょう。


《ロキ》
インセプサーチ&壁。序盤は殴らずに立てとくのがだいたい◯。終盤はあんまり使わないので重ねておk。


《始世姫ジョカ》
除去要員。できるだけ質の高いリソースを巻き込んで破壊したいです。死壊石とメイメイが入ってるので、割とレベル2除去としても使ったりします。


《蒼花のメイメイ》《封札の死壊石》
レベル2除去。メイメイが凄く強くて、現状このカードを入れない青デッキは存在しないレベル。言うことないです。
死壊石は序・中盤のリソース回収にも役立ちます。


《邪眼天使サリエル
除去要員。ですが、結構な頻度でアムネシアとかデスピ打たれちゃうので、逆にこいつに打たせるプレイングを意識していきたいです。そのため回収するカードはよく考えて選びましょう。何もされなかった時はドリーム。


《闇神・ツクヨミ》《アムネシア》
仕方なく入れるシリーズ。どちらも使いたい対象は相手のデッキによってだいたい決まってるので、我慢が肝心。武身とかにはさっさと出してガチャ成功する前に止めよう。


《海鳴の精ウンディーネ》《人柱のシズク》《創造神機ブラフマー
ブラフマーで復活したい戦隊。基本的にブラフマーは不利な盤面を捲るために出したり、ハンデス後に蓋をするような形で出します。ウンディーネは進化メタとしてとても有効なので、盤面に立てておくと結構見えないところで仕事をしてくれる優秀なカードです。CRリリスに絶対屈しないという意志。


《ファンガスガール》
ブラフマーで復活したい戦隊副隊員。オリボ枠。紫の珍獣共には有効ですが、ニードルレインとかいう最強のカード1枚で沈むので保険みたいなものです。


《忘れられし地下書庫》
ドロソ。シズクやグレイブガーディアンが手札にないときに使う場合は、サリエルの回収同様よく考えて捨てましょう。先攻初手など、どのカードも捨てたくない場合は無理して使わないというのも手です。


ジョーカーの選択

個人的には《インペイルメント》と《ワンダフルハンド》の組み合わせの一択かなーという気がします。
ワンダフルハンドは言うまでもないですが、インペイルメントが非常に優秀で、気軽に飛ばせる7000バーンがこのデッキの痒いところに手が届く感じです。特にそれを感じられるのが対武身で、とにかく丁寧な除去を要求されるこのマッチアップにおいてこのジョーカーは相性抜群です。青は基本的に除去が少し遠回りになってしまう傾向があるので、そこを埋め合わせてくれるイメージ。オリボが6pt安定なのもgood。


マリガン

まずマリガンの前に、マッチングの画面で後攻を引くことを祈りましょう。明らかに後攻の方が楽です。


先攻
理想:《フープエンジェル》と《ロキ》
妥協:シズク以外の2cpと適当な後続

正直先攻初手はあんまりやることがなくて、フープエンジェルで嫌がらせでもしとくのがいいと思います。むしろ大事なのは後続で、ここが続かないとズルズル引っ張られて負けてしまいます。これは先攻後攻問わずに言えることですが、序盤は負けない盤面を作ることを意識しましょう。


後攻
理想:《ロキ》と《ミイラくん》と《フープエンジェル》と軽減要員
妥協:《ロキ》と軽減要員

後攻はとにかく全力でロキを探しに行きます。こいつが初手に出せないと勝率がグッと低くなる気がします。
壁としては勿論のこと、インセプサーチのおかげで次のターンにユニットを引いてくる確率が高くなります。数字にすると数パーセントの違いかもしれませんが、この数パーセントをおろそかにするのは非常にもったいないです。


有利不利

正直有利不利ってあんまりよくわからなくて、現在私のいるKランクはプレイングが如実に勝率に出てる気がします。
ただ紫はマジで無理ゲーです。いくらハンデスしてもトリガーに触る手段がネフィリアOC以外にないので、プレリュードとかニードルレインとかで簡単に除去とハンドを回復してきます。ルシファーをアムネシアで止められればワンチャンありそうですが、大抵はトリガー割られてジエンドって感じです。
あとエクスカリバー。一回の効果発動ならなんとかなりますが、二回目以降は盤面が復旧できなくなってしまうので全力で除去しましょう。






とまあこんな感じでどうでしょうか。あくまでファンデッキの域だとは思いますが、しっかりと使いこなせばそれなりのランクまでは余裕でいけると思います。(主は2/15現在K3)

何か質問等があったらツイッター(@ke_and_z)でも答えるのでどうぞ。


最後の方が少し雑になりましたがそれでは。